低スペックのPCでも十分遊べるPCゲームとは

公開日時 作成者 admin1

PCゲームをプレイするためには、高級なゲーミングパソコンが必要だと言われています。
実際に家電量販店の一角には、まるでスポーツカーのような特別感を醸し出す高価なゲーミングパソコンが並んでいます。

パソコンの基本スペックは、どういった作業を進める上でも基本的に高いほうが良いです。
しかし、PCゲームの種類によってはスタンダードモデルと高級なゲーミングパソコン、どちらでプレイしても、ほとんど実質的な差がない事があります。
例えば、囲碁やチェス、将棋などのボードゲームなら低スペックPCでも全く問題はありません。
CPU、メモリ、グラフィック性能を要求されるシーンがなく、今現在の市場にて2万円から3万円程度で並ぶ、ローコストな低スペックPCでも快適にPCゲームが遊べます。

CGを多用する美少女ゲームやギャルゲー等も、そのCGが2D表示だった場合は特に問題はありません。
ノベルテイストが強い萌系PCゲームなら、高いスペックは必要なく、それこそノートパソコンやタブレットPCでもサクサク、プレイ出来ます。

一方で低スペックPCだと厳しいのが、3DCGの表現が伴うPCゲームです。
ゲーム画面が完全な3Dで表現されるサバイバルゲームや、登場キャラが精密な3Dで表現される美少女ゲーム等は、パソコンに対して高品質なグラフィック性能と大容量のメモリを要求します。
ローコストなモデルでは起動やインストール自体が不可能な事も多く、快適にプレイするためには、専用のゲーミングパソコンを買う必要があります。